フィナステリドの治療

色々な種類の脱毛症がありますが、世の中の多くの男性が頭を悩ませている脱毛症が男性型脱毛症(AGA)です。 この脱毛症は治療が行える脱毛症という事でもお馴染みです。 しかし、このAGAの治療は日本においてはまだ歴史は浅いです。 この治療は、10年ほど前にプロペシアというフィナステリドを有効成分とした抜け毛を抑える薬が認可された事により爆発的に広がったものです。 元々フィナステリドは前立腺肥大の薬として開発されたものですが、その副作用として抜け毛の抑制に効果がある事が分かり、その後抜け毛治療の薬として認可されたものです。 この薬が認可された事により治療を行える施設も増え、最近ではこれ以外の方法など多様化も進んでいるのです。

抜け毛治療は現在かなり一般化してきたものですが、まだまだ歴史的には浅くこれからも研究が進められ進化していく分野です。 抜け毛治療の基本は服薬によるものと、外用薬の塗布の2つです。 しかし、これからはこの2種類の治療だけでなく外科的な方法や、複合的な方法が増えていく可能性が高いです。 外科的な方法とは自毛植毛になりますが、これは後頭部などの毛根を薄くなった前頭部などに植えるという方法です。 複合的というのは、様々な治療法を合わせて行うという意味ですが、自毛植毛を行いその髪を維持するという意味で服薬を続けるという方法もありますし、育毛サプリメントなどを使用するなどもあるのです。 薄毛や抜け毛の悩みが無くなる日も近いです。